オンラインカジノのRTPとは

カジノのテーブル

オンラインカジノをする目的は利益を得るためです。そんなオンライカジノの稼ぎやすさの目安になるのがRTPです。RTPは、日本語に直すとプレイヤーに払い戻すという意味になります。つまり還元率やペイアウト率というものになります。

還元率はカジノから払い戻される金額の割合になり、還元率が高ければ高いほど利益を出しやすくなる目安にできます。オンラインカジノをするときにRTPを確認してから始めることで、どれだけ勝ちやすいかの目安になります。オンラインカジノを始める前には確認してみるのもいいでしょう。ただしRTPだけで判断するの良くありません。
RTPは、プレイヤーが長時間プレイしたときに賞金を獲得する割合を示しています。単純に今までプレイされたときのものを元に出されたものになります。つまり大きな当たりがあったときの賞金も計算には入っているので、あくまでも参考にする程度にした方がいいでしょう。

オンラインカジノをプレイする

RTPだけでみれば、オンラインカジノのこの数値は他のギャンブルに比べて高いです。他のギャンブルとは日本で認められているものになります。ペイアウト率はどんなに高くても100%を超えることはありません。100%を超えてしまうと、オンラインカジノの運営側の会社に利益がなくなってしまうからです。オンラインカジノの会社は、ペイアウト率の残った分が収入源となっています。
RTPを簡単に知る方法は、そのゲームのルールに記載されているペイアウト法を確認することです。また注意が必要なのがRTPは、どれだけそのゲームが稼ぎやすいかを示しているわけではありません。あくまでも買ったときにどれだけ儲けやすいかを示しています。勝ちやすさの目安でもありません。つまり1ドルをかけて買ったときに賞金として1ドルを貰ったなら、RTPは100%ということになります。
勝たなくはこの数値には何の意味もありません。そのためRTPだけでゲームを選ぶのではなく、自分がやりやいゲームをするときに参考にした方がいいです。