テーブルゲームに使えるグッドマン法を活用

トランプ

オンラインカジノをプレイするうえで、今まで以上に勝率をあげたいというのであれば、必勝法を活用することが求められます。オンラインカジノでは様々な必勝法が紹介されていますが、その中でもテーブルゲームに使える攻略法の一つに、グッドマン法とよばれるものがあります。これは1235法ともよばれるものであり、リスクを最小限にしながら勝ちを狙う賭け方で、2回以上勝ち続けることにより、たとえ負けてしまったとしても残高は減らない特徴があります。
4回以上勝ち続けることによって、グッドマン法の効果が大きく発揮されることになります。

グッドマン法は1235法とよばれていることからもわかるように、勝つたびに1235とベット金額を上げていく攻略方法のことを指しています。同じような攻略方法にバーネット法とよばれるものがありますが、こちらは1326とベット金額を上げていきます。使えるカジノゲームは勝率50パーセントのゲームで、ブラックジャックやバカラのプレーヤーまたはバンカー、ルーレットなどがあげられます。

オンラインカジノにおけるグッドマン法の最大のメリットは、連敗にも強いことです。特に連敗に関しては、常に最小の損失で抑えることができるため、非常に守りに強い戦略と言えるでしょう。反対にデメリットに挙げられることは、3連勝しなければ利益が確定しないことです。同じような攻略法のバーネット法の場合には、2回目で負けると損失が発生してしまいますが、グッドマン法の場合にはそのようなことがありません。

その一方で3連勝しなければ利益が出ないことがデメリットとなるでしょう。
実際に使用する場合には、慣れてきたら少しアレンジをくわえて見るのも面白いものです。アレンジを加えやすいのが一つの特徴であり、4連勝した場合にはシステムをリセットするなど、慣れてくれば自分なりの攻略法が編み出せるかもしれません。人それぞれに合わないもあるので、自分なりのオリジナルにしてみると良いでしょう。