オンラインカジノで遊ぶ際テンパーセント法を利用する

手元

インターネットを利用してオンラインカジノで遊ぶ場合、様々な攻略法が存在しますが、テンパーセント法を選択すると大きな負けを防ぐことが可能です。

テンパーセント法とは、ゲームを行う際手持ちの資金の10パーセントを賭ける方法で、資金の残高に0.1を掛けると掛け金を算出することができます。0.1を掛けると端数が発生する場合がありますが、切り上げを行うか切り捨てを行うか選択しなければなりません。切り上げ切り捨てに関しては決まりがなく、自由に決めることができます。
手持ちの資金が少なくなると掛け金も少なくなるため、バランスを保ちながらゲームを楽しむことができますが、具体的には、手持ちの資金が100ドルの場合10ドルを賭けなければなりません。20ドル利益が出た場合は手持ちの資金が120ドルになります。

次の賭けは120ドルの10パーセントということで12ドルになり、勝ちが続くと、10ドルを賭け続けるよりも利益が多くなります。5連勝して手持ちの資金が162ドルになった場合、16ドル賭けることになりますが、負けた場合は手持ちの資金は146ドルとなり、次は15ドル賭けなければなりません。
負けた場合手持ちの資金は131ドルとなりますが、連勝していたのに負け続けると、損失した金額を取り返すため多めに賭ける場合が多いです。金額を増やしても勝率は上がらず負けが積み重なる可能性もありますが、テンパーセント法で賭けを行っている場合は、感情に飲み込まれて多額の掛け金を賭けることなく、セーブすることができます。

勝ち続ける場合は、10ドルを賭け続けるよりも利益が多くなります。テンパーセント法は全てのオンラインカジノゲームで使用することができますが、勝率が2分の1のゲームに向いているため、バカラやルーレットに使うとよいでしょう。

高額の利益を望んでいる場合は、他の攻略法と組み合わせる方法もあります。負けが続き手持ちの資金が少なくなった場合、テンパーセント法を使うことができます。