オンラインカジノでのキャンセレーション法の使い方とは

ルーレット

オンラインカジノを行う上で、儲けの確率をあげる方法がいくつかありますが今回はキャンセレーション法について紹介します。

キャンセレーション法は目標金額を決めて金額を分割し勝ち負けによって、金額を割り振ることで儲けの確率を高めていく方法です。まずは紙とペンを用意しましょう。例えば目標金額を100とした場合、その目標金額を適当に分割します(例えば25・25・25・25の4分割など)。
分割した数字を慣れべ手その両端の数字を足した金額(この場合50)をベットします。もし買った場合、数字の両端を消します(結果的に25・25の数字が残ります)。負けた場合は、賭けた金額を右端に1つ加えます(25×5列になります)。これで数字がなくなるまでゲームを続けていくという方法です。オンラインカジノにおけるこの方法のメリットは勝ち負けを客観的に見ることができるため、成功するまで続けることができれば設けることが可能な方法になります。

トランプ片手にオンラインカジノ

バーチャルなオンラインカジノだとどうしても実物のコインなどの実物が画面上に移るだけなので、全体で儲かっているのかのか、それとも損をしているのかが把握できなくなります。このため目元ペンでどれくらいベットして現在どのような状態なのかを把握することと、並んでいる数字が無くなればもうかっているというシンプルな内容がわかりやすいという特徴があります。

一方でデメリットもあります。それは相応の資金が無いと成り立たない点です。負けたときはベット額が増えていくため一定程度の資金が必要です。また辞めた時点で損失が確定してしまうため辞め時を見つけるのが、難しいという特徴もあります。もし手持ちの資金が無くなるとキャンセレーション法を続けることができなくなり、その時点で損失確定してしまうのです。
リスクを下げ長い時間楽しむためには、分割する量を多くすることで可能になります(たとえば1×100分割)。
逆にスピード感をもって設けたいのであれば、分割する量を減らせばよいのです。