バーネット法の特徴とメリットとは

テーブルの上のチップ

気軽にカジノを楽しめるオンラインカジノですが、実際のコインをベットせず画面のボタンを押してベットするためどれくらい儲けが出ているのかが目に見えにくいというデメリットがあります。こうした中で一定の法則をもとに客観的に行うことで、リスクを抑えながら利益を積み上げる方法がいくつもあります。

今回はそのうちのバーネット法(1326法)について紹介していきます。

パーネット法は連勝時に掛け金を「1,3,2,6」の順に変えていく方法です。似たような方法にグッドマン法(1235法)がありますが、この方法はより連勝時の利益を伸ばしやすいのが特徴です。比較すると、それぞれの数字の合計を見るとやや高いことがわかるでしょう。使い方はまず、1単位の掛け金を決め最初のゲームでその金額を賭けます。もし勝てば、3単位・2単位・6単位と続けていきます。
もし負ければ最初の掛け金に戻していきます。この方法の最大のメリットは連勝数より連敗数が多くても利益が出ることと、連敗が続いても掛け金が小さいので損失になりにくいという特徴があります。

オンラインカジノにおいて長く楽しむことができる点も、見過ごせません。さらに法則通りに継続していくため無茶な掛け金で大損失や楽しむ時間が短縮してしまう、というありがちな行為も回避できます。オンラインカジノはスマートフォンなどのデバイスがあれば、いつでもどこでも楽しむことができます。だからこそこのような法則で、自分の中でルールを決めることが長く楽しむための秘訣なのです。また、オンラインカジノではお得なボーナスも多くバーネット法とうまく組み合わせることで、さらに儲けられる確率を高めることができます。

一方でこの方法にもいくつかデメリットもあります。それは勝ち負け勝ち負けが相互に繰り返すと損失が膨らむというものです。
このため勝ちが続く、負けが続くというようなものだとより効果が高いという点も覚えておくと良いでしょう。