マーチンゲール法を利用したオンラインカジノの現実的な勝ち方

ディーラーと客

オンラインカジノを行うときには、資金配分を考慮した戦略を立てなくてはいけません。何も考えずにお金を投資していくと、それだけで大きな損失を招いてしまう可能性が存在するからです。特に注意が必要なのが、投資法を利用するときです。オンラインカジノでは、実際のカジノでも利用されている優秀な投資法を利用することが可能です。代表的なもので述べれば、マーチンゲール法が存在します。

マーチンゲール法は、オンラインカジノで負けたときに倍掛けを行って次の投資を行うという手法です。例えば、1万円の投資を行って負けた場合、この次のゲームでは2万円を使います。ここで負けたら次に4万円の投資をやっていくという具合に、負けた数字に対して2倍を賭けていくのが特徴です。ポイントが、必ずオッズが2倍以上になっているものを選択することです。オッズが2倍未満になってしまうと、仮に当たったとしても投資をした分の資金を回収することができなくなってしまいます。
オッズに注意しながら、必ず利益が出るように資金配分をするのがコツなので、実際に利用する場合にはこの前提を忘れないようにしなくてはいけません。

トランプと男性

注意をしなくてはいけないポイントも1つ存在します。資金が枯渇しないように気を付けておくという点です。
マーチンゲール法は、確かに当たれば将来的に必ず資金を回収することができる投資法です。しかし、現実的にこの方法を利用すると回収する前に予算が尽きてしまう可能性が存在します。マーチンゲール法は、倍掛けを行うことになるため資金が膨大になる可能性があるからです。
理論上では、実際にお金を利用するわけではありませんので将来的に回収する算段が付きます。しかし、現実的には予算に限界が存在しますので当たる前にすべてのお金が尽きてしまうとその時点で大敗を喫することになります。こうならないようにするために、最初に投資する金額を少なくするなどして、確実に回収できるように工夫をしなくてはいけません。

オンラインカジノで利益を上げたいなら「ハーフストップ法」

チップと女性

オンラインカジノで遊ぶにあたっては、確実に利益を出したいという思いをお持ちの方も多いことでしょう。そのような人にぜひとも利用をおすすめしたいオンラインカジノ攻略法が、「ハーフストップ法」です。このハーフストップ法というのは、簡単に言うともともとの資金を減らさないように常に利益の半分を手元に残しながら勝負していく、というものです。そのため、オンラインカジノで勝つうえで重要な「止め時」を明確にしてくれる点がその最大の魅力です。

ハーフストップ法を具体的に駆使する方法は実にシンプルです。 まずはプレーするゲームを選びましょう。なお、ハーフストップ法の特徴であり魅力のひとつとして、特に使えるゲームの制限がない、というものがあります。そのため、何も気にせずやりたいゲームをまずは選びましょう。そしてプレーするゲームを選んだらその日の元手を決め、早速プレーを開始します。このとき順調に勝ちを積み重ねることができた場合、プラスが大きくなってもそのままゲームを続けます。ただ、負けが込みプラス分が少なくなってきたら注意が必要です。このとき、利益が最大になったときの半分まで減ったらゲームを必ずやめてください。
利益最大1000ドルまでプラスになったものの、結局減ってきてしまったらその半分にあたる500ドルになった地点で必ずゲームをやめましょう。その際に、減り始めたものが再びプラスに転じ利益の最大額を更新したら新しい半分額を再度設定し、またその額に達したらゲームをやめる。これが、ハーフストップ法の基本です。

このようにハーフストップ法を駆使している限り、最高収益の半部ではありますが確実に利益を手元に残すことができます。長時間プレーしていると疲れで冷静さを失い多くの人が最善の判断をできなくなります。
そして結果として大きな損失を出してしまうこともあるかもしれません。その可能性をなくしてくれるハーフストップ法を上手に活用してしっかり利益を勝ち取りましょう。